バナー

美容外科での医療資格者による脱毛

美容外科で行われている脱毛治療は、美容を目的とした医療行為にあたります。

ですから採用されている機器は、エステサロンでよく使われる業務用の脱毛機器よりも、すっと出力が高いですし高性能なタイプです。

人気なiemoの相談ならココです。

そもそも医療機器ですから、エステサロンでは取り扱うのが無理です。



実際に医療脱毛をするのは、ドクターや看護師たちです。


医療資格を持つ専門の技術者たちですから、エステサロンよりも、レベルの高い脱毛を体験することが可能です。

エステサロンでの脱毛は、施術を担当するのに、国家資格は必要ないのです。



エステサロンは資格がなくても、就職やバイトでサロンへ入れば、誰でもお客さんのエステ脱毛の施術ができます。

しかし美容外科などの場合は違います。

医療資格を持ち、その上で高い脱毛知識と技術を持ちますから、効果の高い脱毛を信頼性をもって受けることができます。

日本での永久脱毛は、美容医療機関でしか受けることはできません。
エステサロンでは、永久性のある脱毛はできないのです。


美容医療機関での脱毛の持つデメリットとしては、医療脱毛費用の高さがあります。

医療行為とはいえ、自由診療でるために、全額自己負担ですから高額になるのです。
保険が適用されないので、費用は高額ということを理解して、治療を受けるかは決めていくことです。エステサロンの脱毛の費用は、禁煙ではかなり安くなってきています。
それに合わせるかのように、美容外科の脱毛費用は、一昔前よりも下がってきています。


それでも美容系クリニックの医療脱毛は、医療行為なので高めではあります。